マンガ

ワールドトリガーは無料でお得に読める?電子書籍サイトはどれがおすすめなの?

ワールドトリガーを電子書籍でお得に読む方法!

今『週刊少年ジャンプ』で最も面白いと言われている大人気マンガ『ワールドトリガー』。

2018年11月16日現在、単行本は18巻まで刊行されています。

作者の葦原大介さんの体調不良が原因で2016年から2018年まで休載していましたが、2018年10月から連載が再開しました!

柴山さん
柴山さん
地球を滅ぼす異世界人と少年少女たちの戦いが描かれたSF大作です!細かなディティールで描かれる世界観は唯一無二です♪常識知らずのぶっ飛んだ遊真や、真面目で正義感の強い修、エリートだけどセクハラ常習犯の迅など、キャラの立った登場人物同士のやり取りも見どころの一つですね。


『ワールドトリガー』無料試し読みはコチラ

U-NEXTで『ワールドトリガー』をお得に読む!

※U-NEXTなら、31日間無料トライアル期間中に600ポイント分が無料で読めます!

今回は、そんな『ワールドトリガー』を電子書籍でお得に読む方法をご紹介しましょう。

『ワールドトリガー』は全巻無料で読むことができる?

猫田さん
猫田さん
『ワールドトリガー』は、漫画村とかzip形式で無料でダウンロードできるサイトとかで読めるかな?
柴山さん
柴山さん
猫田さん、完全無料のマンガサイトには気を付けたほうがいいよ。一円も自分のお金にならないのに、せっせとマンガをアップロードする人なんていないでしょ。絶対何か裏があるってことだよ。最近こんなニュースもあったよ。

漫画海賊版サイトの閲覧者 知らぬ間に仮想通貨「モネロ」を「採掘」させられていた 北朝鮮資金源の可能性

人気漫画などを無許可でインターネット上で公開している「海賊版サイト」をめぐり、ある特定のサイトにアクセスすると、閲覧者に無断で、仮想通貨「Monero(モネロ)」の採掘(マイニング)に利用されていたことが、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)の調査で1日、分かった。モネロは北朝鮮が資金源としている可能性があり、同社は「海賊版サイトの利用は避けるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

引用:https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180401/afr1804010007-s1.html

猫田さん
猫田さん
何それ?!全部無料で利用できてしまうマンガサイトを利用すると、誰かにパソコンを乗っ取られる可能性があるってこと?

柴山さん
柴山さん
そうだね。だから完全無料でマンガが読めるサイトはリスクがあるんだ。それに、漫画家さんにお金が流れないとマンガ界もどんどん尻すぼみになって、面白いマンガが読めなくなっちゃうよ。だから、マンガはちゃんとした方法で読んだ方がいいと思うよ。漫画家さんも一所懸命描いているんだし。

猫田さん
猫田さん
なるほど。よくわかったよ。ところでおすすめの電子書籍サイトはどこ?たくさんあるから迷うなあ。

『ワールドトリガー』を読むのにどの電子書籍サイトがおすすめ?

柴山さん
柴山さん
以下、私のおすすめの電子書籍サイトをご紹介します♪

サイト名 特徴
U-NEXT
  • 月額料金は月額料金1990円だが、31日間無料トライアルできる
  • 約20万冊の電子書籍を配信中
  • U-NEXT会員になると600ポイントもらえる
  • 対象の雑誌70誌が読み放題
  • 映画、ドラマ、アニメなど対象の動画約8万本が見放題
  • 退会してもポイントで購入したマンガを読むことができる

U-NEXTの詳細はコチラ:U-NEXTの月額料金や評判は?有料登録するなら月初めがおすすめの理由

eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • 新刊予約」機能を使えば発売日に自動購入できる
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
猫田さん
猫田さん
それぞれ違った良さがあるね。以下、それぞれのサイトがどんな人におすすめなのかまとめてみたよ♪

マンガだけでなく動画もたくさん楽しみたい人雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

U-NEXTに入会すると600円分のポイントがもらえます!

U-NEXTで『ワールドトリガー』を読む♪

 

とにかくたくさんの種類のマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『ワールドトリガー』を読む♪

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。

『ワールドトリガー』のあらすじや感想を紹介

ある日、人口28万人の三門市に異次元世界へ続く門(ゲート)が出現する。

ゲートからやって来た異世界の侵略者・近界民により、町は混乱に陥る

地球上の武器が一切通じず、破滅を覚悟したその時、界境防衛機関を語る謎の組織「ボーダー」が戦いに介入。

見事敵を撃退し、町に平和が戻った

それから4年後。

ボーダー訓練生の中学3年生・三雲修(みくもおさむ)と、自称「近界民」の転校生・空閑遊真(くがゆうま)との出会いによって、物語は大きく動き始める。

柴山さん
柴山さん
集団戦闘を描かせたら右に出る者はいない葦原大介先生!

猫田さん
猫田さん
遊真と修の絡みは『ワールドトリガー』の大きな見どころの一つです!

柴山さん
柴山さん
確かに、私も最初は情報量の多さに面食らいましたが、世界観を理解できるようになるとぐんと面白くなります♪

猫田さん
猫田さん
『ワールドトリガー』は5号連続で『週刊少年ジャンプ』に掲載された後、『ジャンプSQ』に移籍するそうです。『ジャンプSQ』移籍後の一発目は、2019年1月号だとか。