マンガ

ペリリュー楽園のゲルニカを一部無料で読むなら電子書籍サイトがおすすめ!

ペリリュー ―楽園のゲルニカ―をお得に読む方法.
柴山さん
柴山さん
このマンガがすごい!2018年オトコ編で12位に選ばれた話題作、『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』。単行本は2019年1月30日現在、6巻まで発売されています。


無料で『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』を試し読みする

今回は、そんな『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』をお得に読める方法をご紹介しましょう。

『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』はzip形式で無料ダウンロードできる?

猫田さん
猫田さん
『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』は無料でネット上とかで読めるかな?

柴山さん
柴山さん
でも、何でも無料で読もうとすると危険な目に遭う可能性もあるよ。ダウンロードした時にウイルスに感染したり、仮想通貨の採掘に利用されちゃったりとか‥‥。

漫画海賊版サイトの閲覧者 知らぬ間に仮想通貨「モネロ」を「採掘」させられていた 北朝鮮資金源の可能性

人気漫画などを無許可でインターネット上で公開している「海賊版サイト」をめぐり、ある特定のサイトにアクセスすると、閲覧者に無断で、仮想通貨「Monero(モネロ)」の採掘(マイニング)に利用されていたことが、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)の調査で1日、分かった。モネロは北朝鮮が資金源としている可能性があり、同社は「海賊版サイトの利用は避けるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

引用:https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180401/afr1804010007-s1.html

猫田さん
猫田さん
そうなんだ。やっぱり、電子コミックは横着せずに安全なサイトで読んだ方が良さそうだね。

『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』を読むのにおすすめの電子書籍サイトは?

柴山さん
柴山さん
以下では、『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』をお得に読めるおすすめの電子書籍サイトをご紹介します!

サイト名 特徴
eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
  • 新刊予約」発売日に自動購入できる
  • アプリを使えばオフラインでも読める
FOD
  • 約15万冊の電子書籍を配信している
  • 月額料金888円(税抜)だがAmazonアカウントで申し込めば二週間無料トライアルできる!
  • 毎回マンガを買うたびに20%のポイントが還元される(Amazonなどは1~5%が普通)
  • 毎月8の付く日に400ポイント+毎月100ポイントの合計1300ポイントが無料でもらえる
  • 約100冊もの雑誌が読み放題
  • 対象のフジテレビ制作のドラマ、映画、アニメなどの動画が見放題
  • 退会してもポイントで購入したマンガを読むことができる

FODの特典やサービス内容の詳細に関してはコチラをご覧ください。→電子コミックを読むならおすすめサイトはFOD!ポイント還元率も高くコスパ最高!

猫田さん
猫田さん
以下、それぞれのサイトがどんな人に向いているのかまとめてみました。緑のボタンをクリックすると、該当サイトに飛びますよ~。

※『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』は1巻あたり600円(税別)です。

とにかく色々なジャンルのマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』を読む♪

 

とにかくお得にマンガを読みたい人雑誌もいっぱい読みたい人フジテレビの番組ファンの人には「FOD」がおすすめ♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!(コミックス2巻分~3巻分に相当)

  • マンガを買うたびにいつも20%ポイントが還元されます!
  • もしFODを解約しても、ポイントで購入したマンガは読める!

FODで『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』を読む♪

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。

『ペリリュー ―楽園のゲルニカ―』のあらすじと感想

南太平洋、パラオ諸島南部に浮かぶ熱帯の楽園、ペリリュー島。

この島では、かつて5万人もの日米の兵士たちが死闘を繰り広げていたという。

語り手の祖父・田丸は、昭和19年(1944年)の夏、戦地であるペリリュー島に兵士として送られた。

マンガを描くことが生きがいの彼は、日々の作業の合間に隠れてマンガを描き続けている。

仲間の兵士・小山は「もう死ぬ覚悟ができている」と田丸に語ったが、田丸にはその覚悟はなかった。

彼の望みは、生きて国へ帰ることだったが…。

柴山さん
柴山さん
生と死が隣り合わせの戦場が舞台なのでシリアスな展開が続きますが、登場人物はデフォルメされて可愛らしく描かれています。 そのアンバランスな感じがこの作品の魅力だと思います。

猫田さん
猫田さん
私たちとなんら変わらない普通の青年たちが戦地に送られていたのだなとしみじみ。 

柴山さん
柴山さん
本作のストーリーは、実際に起こったことなのだなと驚かされます。