マンガ

七つ屋志のぶの宝石匣を無料でお得に読める?電子書籍サイトのイチオシは?

七つ屋志のぶの宝石匣をお得に読む方法!

音大生ライフを描いた『のだめカンタービレ』、農家に嫁いだ女性が主人公の『GREEN』など、他のマンガと一味違った世界を見せてくれる二ノ宮知子さん。

最新作の『七つ屋 志のぶの宝石匣』は、質屋が舞台です。

柴山さん
柴山さん
宝石の「心」が読めるという不思議な能力がある女子高生・志のぶと、彼女の婚約者であるイケメン宝石商・北上顕定(あきさだ)の凸凹コンビが主人公です。 様々な事情を抱えて質屋にやって来るお客さん達の悲喜こもごもの人間ドラマが面白い!さらに、ジュエリーに関する知識や質屋のお仕事など、普段知ることのない業界について学べる楽しさもあります


『七つ屋志のぶの宝石匣』無料試し読みはコチラ

U-NEXTで『七つ屋志のぶの宝石匣』をお得に読む!

※U-NEXTなら、31日間無料トライアル期間中に600ポイント分が無料で読めます!

今回は、そんな『七つ屋 志のぶの宝石匣』をお得に読む方法をご紹介しましょう。

『七つ屋 志のぶの宝石匣』は全巻無料で読める?

猫田さん
猫田さん
『七つ屋 志のぶの宝石匣』は、漫画村とかzip形式みたいな無料でダウンロードできるサイトとかで読めたりする?
柴山さん
柴山さん
猫田さん、完全無料のマンガサイトは危険があるよ。海賊版ってそれ自体犯罪だし、絶対何か良からぬ目的があるってことだよ。最近こんなニュースも入ってきたよ。

漫画海賊版サイトの閲覧者 知らぬ間に仮想通貨「モネロ」を「採掘」させられていた 北朝鮮資金源の可能性

人気漫画などを無許可でインターネット上で公開している「海賊版サイト」をめぐり、ある特定のサイトにアクセスすると、閲覧者に無断で、仮想通貨「Monero(モネロ)」の採掘(マイニング)に利用されていたことが、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)の調査で1日、分かった。モネロは北朝鮮が資金源としている可能性があり、同社は「海賊版サイトの利用は避けるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

引用:https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180401/afr1804010007-s1.html

猫田さん
猫田さん
何それ?!全部無料のマンガサイトを使うと、勝手に仮想通貨のマイニングに使われちゃう可能性があるってこと?

柴山さん
柴山さん
そうだね。だから完全無料でマンガが読めるサイトは危ないんだ。それに、漫画家さんにきちんとお金が流れないとマンガ業界もどんどん衰退して、面白いマンガが生まれなくなっちゃうよ。頑張って描いている漫画家さんが浮かばれないし。

猫田さん
猫田さん
なるほど。よくわかったよ。ところで、電子書籍サイトはどこがおすすめ?

『七つ屋 志のぶの宝石匣』を読むのにどの電子書籍サイトがおすすめ?

柴山さん
柴山さん
以下では、私のおすすめする電子書籍サイトをご紹介します!

サイト名 特徴
U-NEXT 
  • 月額料金は月額料金1990円だが、31日間無料トライアルできる
  • 約20万冊の電子書籍を配信中
  • U-NEXT会員になると600ポイントもらえる
  • 対象の雑誌70誌が読み放題
  • 映画、ドラマ、アニメなど対象の動画約8万本が見放題
  • ダウンロードすればオフラインでも読める
  • 退会してもポイントで購入したマンガを読むことができる

U-NEXTの特典やサービス内容の詳細に関してはコチラをご覧ください。→U-NEXTの月額料金や評判は?有料登録するなら月初めがおすすめの理由

eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
  • 新刊予約」発売日に自動購入できる
  • アプリを使えばオフラインでも読める
猫田さん
猫田さん
それぞれのサイトに違った良さがありますね。以下、それぞれのサイトがどんな人におすすめなのかまとめてみたので、参考にしてみて下さい♪

マンガだけでなく動画も色々楽しみたい人雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

  • U-NEXTに入会すると600円分のポイントがもらえます!
  • もしU-NEXTを解約しても、ポイントで購入したマンガは読むことが可能!

U-NEXTで『七つ屋 志のぶの宝石匣』を読む♪

 

とにかく色々なジャンルのマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『七つ屋 志のぶの宝石匣』を読む♪

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。

『七つ屋 志のぶの宝石匣』のあらすじ

亡くなった祖父が残した歴史がある倉田質屋の後を継ぐことになっている、女子高生の志のぶ。

そんな彼女には、祖父が勝手に決めた、宝石商の北上顕定(あきさだ)という婚約者がいる。

実は顕定は由緒正しい一族の息子だったが、三年間の期限付きで倉田質屋に預けられたのだった。

志のぶの祖父は「三年経っても引き取りに来なかったら顕定を孫娘の婚約者にする」という約束を取りつけたが、どうやら期限内に北上家は顕定を連れ戻しに来なかった様子。

顕定には謎めいた部分が多く、どうやら北上家にゆかりのある赤いジュエリーを探しているらしく…。

『七つ屋 志のぶの宝石匣』の感想

宝石の鑑定はラボという場所でしてもらう、アウトナイトなど珍しい石は価値を付けるのが難しい、ルーペの使い方ひとつで素人か玄人か見分けられるなど、お宝に関するマニアックな知識を知ることができるので、なんでも鑑定団が好きな人ならハマること請け合いのマンガだと思います(私も昔よく観てました。低い評価額を付けられた時の依頼人の何とも言えない表情がツボです 笑)。

また、お宝や質屋のネタだけじゃなくて、遺産相続をめぐる骨肉の争いとか、婚約指輪を処分したがるお客さんとか、盗難品を質屋に流す泥棒とか、そういう濃厚な人間ドラマも満載でのめり込んでしまいます(二ノ宮先生曰く、質屋さんに来ると聞かれてもいないのに自分の身の上を語りたくなってしまうのだとか)。

一見ドロドロしているんだけど、オチがすとんと良いところに落ち着くから、読後感は割と爽やかです。

さらに、登場キャラもいい味出してます。

ヒロインの志のぶは自称・「石の声が聞ける」というオカルトチックな不思議ちゃんなのですが、実は全部的を射ていて顕定を驚愕させます。時代劇を愛する古風なところも可愛いですね。

志のぶの「婚約者」の顕定は、志のぶに対してちょっと冷ややかなんだけど、一応気にかけている感じが『のだめ』の千秋先輩っぽいなと思いました。

他にも強烈キャラがたくさん登場して、物語を賑やかに引っ掻き回してくれます。

また、『七つ屋 志のぶの宝石匣』を書くにあたって二ノ宮先生は質屋さんや宝石学校などで綿密な取材をしているそうだから、専門家も高く評価しているようです。

一見取っつきにくい質屋やジュエリーの世界をエンタメに昇華している二ノ宮先生の仕事は、やはりすごいなと感心してしまいます。