マンガ

くらもちふさこのおすすめはいつもポケットにショパン?人気作品のあらすじと感想も紹介

1972年から長きにわたって、少女マンガ界をリードしてきたくらもちふさこ。

柴山さん
柴山さん
思わず共感してしまう女の子たちの細やかな心理描写や、 ちょっと不器用で格好つけたがりな部分ががリアルな、カッコイイ男の子たちの姿にドキドキがとまりません!くらもち作品に登場する男の子みたいな彼氏が欲しかった!ちなみに、妹さんの倉持知子さんも漫画家です。


『天然コケッコー』無料試し読みはコチラ♪

今回は、そんなくらもちふさこ先生の作品を電子書籍でお得に楽しむ方法や、おすすめ作品の感想をご紹介したいと思います。

くらもちふさこの作品をお得に読むならeBookJapanがおすすめ!

柴山さん
柴山さん
私の一押しはebookjapan以下、ebookjapanのおすすめポイントを紹介するね♪品揃えが豊富で探しやすいから、私も個人的に使ってるよ!

ebookjapanおすすめポイント
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
  • 割引やセールも随時開催
  • 9000タイトルのマンガが無料で読み放題
  • コミックの品ぞろえが世界最大級(約21万冊のマンガを配信中)
  • 背表紙表示機能があるので、本棚が埋まっていく様子に達成感♪
  • yahoo!Japanが運営しているので安心・安全
  • 購入した本は無期限で読める
  • ウェブブラウザで読む「ブラウザ楽読み」と、オフラインOKの「アプリ」で読める
  • 最大5台の端末から読める

eBookJapanの無料登録はコチラから

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報は公式サイトでご確認お願い致します。

eBookJapanで読めるくらもちふさこ作品のタイトル一覧

長編

  • 花に染む
  • 駅から5分
  • 天然コケッコー
  • A-Girl
  • アンコールが3回
  • こんぺいと・は・あまい
  • いろはにこんぺいと
  • Kiss+Πr2
  • 東京のカサノバ
  • おしゃべり階段
  • いつもポケットにショパン
  • asエリス
  • 100Mのスナップ
  • おばけたんご
  • わずか1小節のラララ
  • α―アルファ―
  • +α―プラスアルファ―
  • 海の天辺
  • チープスリル
  • タイムテーブル
  • 千花ちゃんちはふつう
  • 百年の恋も覚めてしまう
  • 月のパルス

短編集

  • 赤いガラス窓
  • 糸のきらめき
  • 白いアイドル
  • スターライト
  • 冬・春・あなた

アンソロジー

  • くらもち本~くらもちふさこ公式アンソロジーコミック~
  • 漫画家ごはん日誌

人気のくらもちふさこ5作品のあらすじと感想まとめ

猫田さん
猫田さん
ここでは、くらもちふさこ先生の人気作品5つのあらすじと感想をまとめました(扱う作品は、柴山の独断と偏見で選ばせていただきました)。ちなみに、私は『いつもポケットにショパン』が一番好きです。

いつもポケットにショパン(1980年)


『いつもポケットにショパン』無料試し読みはコチラ♪

018年上半期の朝ドラ『半分、青い』にも登場したことで話題になった作品です。

ピアニストを母に持つ麻子は、子供の時からピアノが好きだった。

いつも彼女のそばには、麻子の母の友達の息子・季晋(としくに、通称きしんちゃん)がいた。

二人でピアノを弾き鳴らす日々は、彼女にとってかけがえのないものだった。

だが、季晋は留学先のドイツでの列車事故に巻き込まれ、それ以来、二人は音信不通になる。

麻子は偶然、帰国した季晋と再会を果たすが、彼は以前の彼ではなくなっていた。

複雑な心を抱えつつも、麻子は音楽学校でピアノにまい進する日々を送っていく・・・。

柴山さん
柴山さん
『いつもポケットにショパン』は、麻子と季晋がライバル関係にあるという点が複雑さを増しています。二人の関係のぎこちなさは、麻子と季晋それぞれの母親同士の関係も大きな影響を与えています。問題を抱えながらも、ピアノを通して麻子が成長してゆく、読み応えのある人間ドラマです。最後のシーンが本当に好きで、何度も読み返したくなってしまいます。

東京のカサノバ (1983年)


『東京のカサノバ』無料試し読みはコチラ♪

次兄の暁と一緒に寝るほどのブラコンぶりを発揮する主人公の多美子。

言い寄る女の子が後を絶たないモテ男の暁は、妹のあしらい方もお手の物。

だが、ある日多美子は、大好きな暁が実の兄ではなく、人気女優の羽生かおりの息子だと知ってしまい・・・。

猫田さん
猫田さん
とにかく、暁がめっちゃ格好いいんですよね…。こりゃあ妹も好きになっちゃうのは仕方ない!読後爽やかな気持ちに浸れる、色あせない名作です。

天然コケッコー (1994年)


『天然コケッコー』無料試し読みはコチラ♪

学校に通う子供たちが6人しかいない、小さな村に住む少女・そよが主人公。

そよはなかなかの美少女ですが、一人称が「わし」で脚が太いことを気にしているところに親近感が湧きます(少女マンガになかなかそんなヒロインっていませんよね)。

そよの住むド田舎に都会的でカッコイイ大沢広海が東京から転校してくることになり・・・。

柴山さん
柴山さん
そよちゃんと大沢君はつきあうことになるんですが、初々しい二人の様子を見ていると遠き日の自分を思い出します(笑)。「さすが東京の子」だと思われたい大沢君の背伸びぶりや、訛りまくっている素朴な美少女そよがとっても可愛いです♪登場人物みんなが愛おしくなる作品。

花に染む (2010年)


『花に染む』無料試し読みはコチラ♪

比々羅木神社の息子・圓城陽大は、兄の陽向やいとこの雛と共に中学の部活動で弓道に励む日々を送っていた。

陽大の近所に住む畳屋の宗我部花乃は、陽大の姿を見て憧れ、彼女自身も弓道を始めた。

日々弓道に励む彼らだったが、ある日神社の宝物殿から火が出て、陽大は兄と両親を亡くしてしまう。

陽大は事故のショックで失語症になり、ケア施設に収容されることになる。

その後しばらく陽大と花乃は連絡を取り合うこともできなくなるが、雛の実家の花染神社に引き取られることになり・・・。

第21回手塚治虫賞受賞作品。

猫田さん
猫田さん
『駅から5分』の登場人物を別の視点で描いたスピンオフ的な作品。全体的に重たい空気が流れていますが、人物の描き方や心理描写はさすがです。ヒロインの花乃には、不器用ながらも陽大を想うにじみ出るような優しさに女性としての魅力を感じます。

asエリス (2012年)


『asエリス』無料試し読みはコチラ♪

架空のネットコミュニティ「はぴランド」を舞台に、普通の少年少女のやりとりが進行していく作品です。

リアルとネットが交錯した恋愛模様は、非常に現代的と言えます。

水彩画のような繊細さを持ついつものくらもち先生のタッチと異なり、太い線でポップに描かれています。

こんな時代を反映したようなまったく新しい作品も手掛けているくらもちさんの創作意欲に脱帽です。

柴山さん
柴山さん
決してわかりやすい作品ではないので、読む人を選ぶかもしれません。描かれていない部分も想像で補完しながら楽しめる作品です。 

くらもちふさこ作品を楽しもう!

猫田さん
猫田さん

くらもちふさこ作品はディティールが本当に細かいから、何度も繰り返し読みたくなってしまいます。それぞれの作品が持つ雰囲気も素敵で、どっぷり浸りたくなります♪