マンガ

聲の形を一部無料で読める方法がある!おすすめ電子書籍サービスも紹介

聲の形を お得に読む方法

『不滅のあなたへ』の大今良時が贈る、映画化もされた大ヒット作品『聲の形』。既に完結しており、単行本は全7巻です。

柴山さん
柴山さん
『聲の形』には耳が不自由な西宮硝子という少女が登場しますが、「障害者 対 健常者」という単純な構造ではなく、人間誰しもが経験する、人に伝えることの難しさや理解し合えないことのもどかしさが見事に描かれている素晴らしい作だと思います。ぜひこの機会に読んでみてくださいね。

試し読みはコチラ


『聲の形』無料試し読みはコチラ♪

U-NEXTで『聲の形』をお得に読む!

※U-NEXTなら、31日間無料トライアル期間中に600ポイント分が無料で読めます!

今回は、そんな『聲の形』をお得に読む方法をご紹介しましょう。

『聲の形』は全巻無料で読むことができる?

猫田さん
猫田さん
『聲の形』は、漫画村とかzip形式で無料でダウンロードできるサイトとかで読めるかな?
柴山さん
柴山さん
猫田さん、完全無料のマンガサイトには気を付けたほうがいいよ。一円も自分のお金にならないのに、せっせとマンガをアップロードする人なんていないでしょ。絶対何か裏があるってことだよ。最近こんなニュースもあったよ。

漫画海賊版サイトの閲覧者 知らぬ間に仮想通貨「モネロ」を「採掘」させられていた 北朝鮮資金源の可能性

人気漫画などを無許可でインターネット上で公開している「海賊版サイト」をめぐり、ある特定のサイトにアクセスすると、閲覧者に無断で、仮想通貨「Monero(モネロ)」の採掘(マイニング)に利用されていたことが、情報セキュリティー会社「トレンドマイクロ」(東京都渋谷区)の調査で1日、分かった。モネロは北朝鮮が資金源としている可能性があり、同社は「海賊版サイトの利用は避けるべきだ」と警鐘を鳴らしている。

引用:https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180401/afr1804010007-s1.html

猫田さん
猫田さん
何それ?!全部無料で利用できてしまうマンガサイトを利用すると、誰かにパソコンを乗っ取られる可能性があるってこと?

柴山さん
柴山さん
そうだね。だから完全無料でマンガが読めるサイトはリスクがあるんだ。それに、漫画家さんにお金が流れないとマンガ界もどんどん尻すぼみになって、面白いマンガが読めなくなっちゃうよ。だから、マンガはちゃんとした方法で読んだ方がいいと思うよ。漫画家さんも一所懸命描いているんだし。

猫田さん
猫田さん
なるほど。よくわかったよ。ところでおすすめの電子書籍サイトはどこ?たくさんあるから迷うなあ。

『聲の形』を読むのにどの電子書籍サイトがおすすめ?

柴山さん
柴山さん
以下、私のおすすめの電子書籍サイトをご紹介します♪
サイト名 特徴
U-NEXT
  • 月額料金は月額料金1990円だが、31日間無料トライアルできる
  • 約20万冊の電子書籍を配信中
  • U-NEXT会員になると600ポイントもらえる
  • 対象の雑誌70誌が読み放題
  • 映画、ドラマ、アニメなど対象の動画約8万本が見放題
  • 退会してもポイントで購入したマンガを読むことができる

U-NEXTの詳細はコチラU-NEXTの月額料金や評判は?有料登録するなら月初めがおすすめの理由

eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • 新刊予約」機能を使えば発売日に自動購入できる
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
猫田さん
猫田さん
それぞれ違った良さがあるね。以下、それぞれのサイトがどんな人におすすめなのかまとめてみたよ♪

マンガだけでなく動画もたくさん楽しみたい人雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

U-NEXTに入会すると600円分のポイントがもらえます!

U-NEXTで『聲の形』を読む♪

 

とにかくたくさんの種類のマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『聲の形』を読む♪

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。

『聲の形』のあらすじを紹介

この作品は耳の聞こえない少女・西宮硝子をめぐる元クラスメート達の物語である。

主人公の石田将也は小学校に転向してきた彼女を退屈しのぎにいじめるのだが、彼女をいじめていたせいで、今度は自分がいじめられることになる。

いじめられてはじめて他人の痛みがわかるようになった将也だが、覆水盆に返らず。

傷つけてしまった硝子の心の傷は、生半可なことでは癒せない。

それでも何とか、硝子と対話を続けようとする将也だったが・・・。

『聲の形』ちょいネタバレありの感想

いじめがメインテーマである本作は、決して読んでいて気持ちの良いものではない。

昔の自分の嫌な体験もフラッシュバックしてきて、正直辛かった。

でも、『聲の形』の登場人物たちの弱さや脆さ、そして強さが愛おしいと思った。

子供は、大した理由もなくいじめに走ることが多いと思う。

それは、自分こそが世界の中心で、他人にも心があると考えが及ばないせいだと思う。

私も子供の頃にそうだった。自分の言動が人を傷つけるとは露ほども思わず、注意されて初めて「悪いことをしたな」と反省したことがある。

この世の中は自分中心に回っているわけではなく、自分は世界に対してちっぽけな存在でしかないのだと悟ったら、私は自分の言動で人を傷つけるのが怖くなった。

『聲の形』には、石田将也以外にも様々な「しくじり」を抱えたキャラクターが登場する。

西宮硝子をサポートしようとしたけれど「点数稼ぎ」と陰口を叩かれて登校拒否になった佐原みよこ

硝子を憎み、好意を寄せる将也にも素直になれない植野直花

内心硝子を快く思っていなかったのに、自分は決していじめに加わっていないと主張する川井みき

いじめられた過去を晴らすことに執着する、真柴智

作者の方も同じことを言っていたけれど、どちらかと言えば私も佐原さんが好きだ。

彼女もいじめを受けて引きこもってしまったが、高校生になった今では、どんなこともしなやかに受け止める強さがある人だから。

高校で初めて石田将也の友達になる三枚目の好青年・永束君に加えて、硝子の妹の結弦も結構好きだ。

最初は自称・硝子の彼氏として登場したボーイッシュな彼女は、障害のある姉を持つがゆえに、強くならなきゃと人一倍頑張る。

男の子みたいな格好も姉を守りたいがゆえ。

動物の死骸の写真を撮るのが趣味な中二病的なイタイ子かと思いきや、実はそれにも深い理由があったりする(鳩の死骸のあった部分が空白になった写真は、深い意味がありそうで気になった。映画『アメリカン・ビューティ』の、少し偏執的で病的な少年を思い出した)。

唯一結弦が自分の弱さをさらけ出せるおばあちゃんが亡くなってしまったシーンは、私も泣いてしまった。

硝子と結弦のお母さんは、最初は「感じわりいキツいババアだな」と正直思ったけれど、その突っ張ったところも我が子を愛するゆえの愛のムチみたいなものだったんだなとわかったら、めちゃくちゃ感情移入してしまった。

本当はとても優しい人なんだろうけど、優しさだけでは生きていけないと身を以て知ったのだろう。

将也のお母さんは、見た目はちょっと派手だけど、いじめをしていた子供の親とは思えない、朗らかで優しい人。

うちの母親は硝子たちの母と将也の母を足して2で割ったみたいな人だから(普段優しいけど、怒ると般若になる)、この作品に出てくる母親像にはリアリティがあった。

いじめには巻き込まれたくないけど自分の体面は保ちたい将也たちの担任教師のような人も、現実世界では多い気がする。

人の心の傷を癒やすのは生半可なことではないけれど、それでも諦めずにいじめてしまった硝子と対話を続ける将也の姿が印象的だった。

どうせわかりあえっこないと諦めてしまうのは簡単だ。

だけど、少しでもわかりあいたいと望むなら、相手と向き合うことから逃げてはいけない。

それは決して簡単なことではないけれど、逃げてしまえば永遠に過去と和解することはできない。

言葉で話せないのなら、手話がある。手話でも通じなければ、何度でも向きあえばいい。

逃げてしまった

『聲の形』は、ぶつかり合いながらも、人と心を通わせるための勇気を与えてくれる作品だ。

柴山さん
柴山さん
将也と硝子が安易に恋愛関係にならないのも何かいいなと思っていたのですが、実は「将也と硝子は表裏一体の存在なんじゃないか」という考察を読んで、なるほどと思いました。