マンガ

エロスの種子2巻のあらすじやネタバレや感想まとめ!

華麗な筆さばきで、官能と刺激に満ちた深みのある物語を紡ぐもんでんあきこ先生の、『エロスの種』

ここでは、『エロスの種』2巻に収められている4編の物語のあらすじやネタバレ、そして私の感想をご紹介します。

『エロスの種』を合法的に無料でお得に読む方法はコチラ!:エロスの種子を無料でお得に読む方法!私のおすすめ電子書籍サイトも紹介

エロスの種子1巻のあらすじやネタバレや感想まとめ!生と死の狭間で咲く美しい女たち


『エロスの種子』2巻無料試し読みはコチラ♪

U-NEXTで『エロスの種子』をお得に読む!

※U-NEXTなら、31日間無料トライアル期間中に600ポイント分が無料で読めます!

柴山さん
柴山さん
1巻も素晴らしかったのですが、2巻になってもその勢いは衰えることはありません!!

また、最後に『エロスの種』をお得に読む方法も合わせてご紹介していますので、よければ参考にしてみてくださいね。

第五話 ~産む女

舞台は、戦後の高度経済成長期に入ったばかりの頃の日本。

男女同権が叫ばれ始めていた時代だが、田舎では依然として女性は「子を産むための器」でしかなかった。

妙子もまた、そのように教育され何の疑問も抱いていなかった。

夫の幸治(ゆきじ)は毎晩のように妙子を抱いたが、3年経っても一向に子供ができなかった。

そんな妙子のことを快く思わない義理の母は、彼女をいびり倒していた。

そんな彼女に優しく接してくれるのは、主治医の塚本先生のみ。

塚本の祖父はロシア人で、彼の髪と目は灰色がかった色をしていた。

塚本と向かい合っていると、妙子は今までに感じたことのない熱い気持ちを感じるのだった。

義母の仕打ちに耐えきれなくなった妙子は夫に別れを切り出すが、幸治は妙子の不妊の原因は自分にあると告白。

子種がないことをわかっていながら3年間も自分を弄び続けた夫に愛想を尽かし、妙子は家を飛び出す。

行く当てのない彼女が向かったのは、塚本先生の診療所だった。

妙子は「お願いがあります」と、塚本に「あること」を懇願する。

翌日、ふらっと帰宅した妙子だったが、幸治は妙子を孕ませるため、彼女に目隠しをし、赤間という男をけしかける。

まるで家畜の交配のように、手足の自由を奪われ赤間に犯される妙子。

そして、彼女はついに妊娠する。

妊娠後は義母からいびられることもなくなったが、妙子は自分を犯した赤間が幸治によって殺害されたことを知る。

後々脅されたりタカられたりすることを恐れて、子供の実の父はいない方がいいと判断したためだった。「証拠はないからどうせ事故扱いになる」と高を括る幸治。

夏の終わりに、妙子は男児を出産する。

だが、生まれてきた子は赤間に似ておらず、髪や目の色は灰色がかった色をしていた。

実は赤ん坊は赤間の子ではなく、塚本先生との間にできた子供だった。

妙子は家出したあの晩だけでなく、義母の診療のたびに塚本と交わり、子をなしていた。

赤間との子ができないよう、彼に犯される前に殺精子剤を仕込んでおいたのだという。

幸治が気づいたときにはすでに手遅れで、彼は乗り込んできた警察に殺人容疑で逮捕され、しかも心臓の弱い義母はショックで発作を起こす。

かくして、妙子は愛する人との子と家、すべてを手に入れたのだった。

柴山さん
柴山さん
ラストシーンを読んだとき、妙子の強かさにゾクッとしました。「一寸の虫にも五分の魂」と言いますが、妙子を侮って弄んでいた夫の幸治や義母が痛い目を見るので、とてもスカッとします!

第六話 ~ラブドール

苦い初体験のトラウマのせいで、生身の女性を避けるようになっていた、ラブドール職人の八代光彦。

彼は、生々しい女性が苦手な男性のために、羽の生えた天使タイプのラブドールを手掛けていた。

そんな彼のアトリエに、ある日麻生遥という若い女性が訪ねてくる。

遥は、自分そっくりのラブドールを作って欲しいと光彦に懇願する。

遥は自分が大好きで、自分で自分を愛してみたくなったのだと語る。

型を取るために裸になる必要があるが、それでもいいのか再度尋ねるが、「全然平気」と遥。

だが、彼女が光彦に名刺を差し出した時、その手は震えていた。

型を取るために再び光彦の元へやって来た遥。

遥は寒さのせいで体が硬直し動けなくなるが、光彦がそんな彼女を抱きしめて暖めた。

作業を進めていくうちに、女嫌いだった光彦も遥の嘘のない言葉に心を開いてゆき、いつしか二人の心の距離は近づいていた。

肉体的な距離が近づいたために光彦は遥に欲情してしまうが、遥はそんな彼を優しく受け入れる。

遥は自分の性器を、自分の形とそっくりに作ってほしいと光彦に頼む。

光彦は遥と体を重ね、自らの記憶の中に遥自身を刻んでいった。

遥が帰った後、光彦は作業に没頭し、とうとう遥そっくりのラブドールが完成する。

だが、光彦の元に届いたのは、遥からの予想外の手紙だった・・・。

遥はALS(筋萎縮性側索硬化症)という難病で、手紙が届く頃にはもうこの世にいないとのことだった。

なりふり構わず、遥の元へ急ぐ光彦。

彼女はまだ亡くなっていなかったものの、自宅のベッドに横たわる痛々しい姿がそこにあった。

人工呼吸器をつけると声が出せなくなってしまうが、そんなことは二人にとって問題にならなかった。光彦と遥は、濃密で幸せな時間を過ごした。

半年後、遥はこの世を去った。

今では、天使の姿をした遥のラブドールが、ショーウインドーの中で微笑んでいる。

猫田さん
猫田さん
とても素晴らしい物語で、思わず涙がこぼれました。真実の愛とはこういうものなんだなと思いました。

第七話 ~縄迷宮

学生運動の嵐が吹き荒れていた昭和40年代が舞台。

大学生の椎名順子は、アルバイト先のキャバレーで知り合った日本画家・昭島薫のモデルを務めている。

昭島の絵は売れているように見えなかったが、大きな洋館に住み、金回りの良いブルジョワジー然としていた。

学部セクトの幹部・森川浩介を彼氏に持つ順子にはお金が必要だったので、「モデルにならないか」という昭島の申し出をあっさり受け入れた。

ヌードモデルではなかったが、服の上から縄で縛られる姿を描かれるのは、順子にとって非常に恥ずかしいことだった。

裸になれば特別手当を出すと言われていたが、彼女にはまだ踏み込む勇気がなかった。

だが、ある日セクトのリーダーに手配がかかり、逃亡資金が必要になった。

お金が必要な順子はやむを得ず、お金のためにヌードモデルになることを昭島に申し出る。

順子の柔肌に、直にくいこむ縄。縛られることによって、感覚が研ぎ澄まされてゆく。

そんな彼女の姿を見ていたのは昭島だけではなく、何と浩介の姿もあった。

浩介も共に「モデル」となり、縄で縛られた順子の体を容赦なく攻め立ててゆく。

順子は行為の最中に不思議な高揚感を感じ、欲望の前ではどんな理想やイデオロギーも無意味であることを悟ってしまう。

それから順子は浩介と別れ、真面目に勉学に励むようになり、弁護士の道を歩み始めた。

一方、浩介は学生運動から中核派に入り、今では指名手配されている。

一見順調に見える順子の人生だったが、強烈な快感の味が忘れられず、あの日のことを思い出し、自ら慰めるのだった。

柴山さん
柴山さん
やむにやまれずSMプレイの深みにはまってしまう女子大生・・・。エロ度高めの回でした。昭島はインテリ金持ちの変態って感じでいいキャラだわ。 村上春樹の小説とか『いちご白書をもう一度』とか、学生運動が盛んだった時代をテーマにした作品って個人的に好きです。

第八話 ~落雁

戦中の日本。

軍部の高官の稲垣は、高梨千代という芸者上がりの愛人に入れあげていた。

空襲の被害を尻目に、朝から愛人宅に入り浸り性に溺れていた。

高官の愛人ということで貧しい民衆の目の敵にされていた千代は、稲垣の部下の三浦の同行なしには、外出することもままならなかった。

千代は、真面目な三浦に心を許していた。

そんな彼女は、毎月ある日になると落雁(砂糖菓子)を買いに行った。

千代が落雁を買う日は、実は亡き息子の月命日だった。

千代の息子は、毒入りの落雁を食べたせいで命を落としたのだが、彼の命を奪ったのは、稲垣の妻だという。

秘密を共有する千代と三浦は、ある日、空襲の最中に男女の関係になってしまう。

千代は行為の後、わざと三浦の襟に付いた口紅をそのままにした。

それが彼女なりの復讐だった。

その後、三浦は二度と千代の前に姿を現さなかった。

ある月の月命日、千代は落雁を買うために見張りの目を盗んで家を出たが、外で待ち構えていた少年に竹槍で刺され、命を落としてしまう。

やがて戦争が終わり、稲垣はGHQに連行される前に服毒自殺をした。

そして、三浦はC級戦犯として死刑の裁きを受けることに。

三浦の元に面会にやってきた息子の薫は、千代を殺してしまったことを告白。

罪のない父が死刑になり、なぜ人殺しの自分が生きなくてはならないのかと涙する。

その後、三浦薫は母方の祖父に引き取られ、昭島薫となる。

彼の中にはっきり残る千代を殺した記憶がエロスの種子を育む土壌となり、彼を突き動かしている。

猫田さん
猫田さん
戦中という生と死が隣り合わせの物語で、千代や三浦の悲痛な叫びがまざまざと描かれています。ご紹介しきれない細かいディティールも素晴らしいので、ぜひ本編を読んでみてほしいと思います!ちなみに、昭島薫は『第七話 縄迷宮』に登場した日本画家ですね。

『エロスの種子』は無料でお得に読める?

柴山さん
柴山さん
『エロスの種子』はとにかく素晴らしい作品なので、ぜひ読んでほしいと思います! 

『エロスの種子』がお得に読める電子書籍サイトは、「eBookJapan」「FOD」「U-NEXT」です♪以下、それぞれの特徴をまとめてみました。

サイト名 特徴
 

U-NEXT 

eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • 新刊予約」機能を使えば発売日に自動購入できる
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
猫田さん
猫田さん
それぞれ違った良さがあるね。以下、それぞれのサイトがどんな人におすすめなのかまとめてみたよ♪

〇マンガだけでなく動画もたくさん楽しみたい人、雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

U-NEXTで『エロスの種子』を読む♪

 

〇とにかくたくさんの種類のマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『エロスの種子』を読む♪

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。