マンガ

隣の悪女最終巻5巻のあらすじやネタバレや感想!六本木心中や花音のラストは?

隣の悪女5巻の あらすじ&ネタバレ&感想!
柴山さん
柴山さん
2019年6月18日に最終巻の5巻が発売された『隣の悪女』!さっそく読んでみたので、あらすじやネタバレをご紹介したいと思います!かなり衝撃的な結末で、とってもびっくりしました!!
猫田さん
猫田さん
これまでのあらすじ&ネタバレと、お得に読む方法はコチラ!

隣の悪女4巻のあらすじや徹底ネタバレ&感想まとめ!亜里子とケロッピーはどうなる?

隣の悪女3巻の徹底ネタバレやあらすじ、読んだ感想を紹介!花音と桐太の関係やケロッピーはどうなる?

隣の悪女あらすじやネタバレ考察・感想を紹介!六本木心中との関係は?

隣の悪女を無料でお得に読む方法!コスパの優れた電子書籍サイトはどこ?

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第36話 蠱惑的な児童

花音の策略で首を縄でくくられている桐太に対し、花音は六本木心中について話し始める

今二人がいる場所が、まさに六本木心中の始まった場所なのだと言う。

花音は、心中した一家とは幼い頃から懇意にしていた。

名医として多忙な日々を送る花音の母は、夫との離婚後、娘をよその家によく預けていた

そのため花音は、美雨のいる龍王寺家と、そして心中した一家である白樺家の中で育てられた。

白樺家には英治と蛍の兄妹がいて、暖かい家庭を築いていた。

彼らの温もりに触れるようになって、花音は自分の母への不信感を募らせていくようになる。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第37話 蠱惑的な少女

英治は花音に、彼女の母親は娘を溺愛しているつもりが、育児放棄をしていると指摘する。

そして花音自身もそう感じていた。

完璧でなくては愛されないという花音の母の思い込みが夫を遠ざけ、娘を苦しくさせ、そして自分自身も不幸にしていたのだ。

花音が孤独を感じた時、普段は不愛想な蛍が優しく抱きしめてくれた。

ある夜、花音と蛍は女の子同士で体の関係を持った。

さらに行為の後、蛍は自分は20代半ばまで生きられない体であると花音に告白した。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第38話 蠱惑的な約束

「まだ体が苦しくならないうちに死にたい」という蛍の自殺願望を知ってしまった花音は、英治と秘密を共有する。

それから二人は蛍になるべく楽しいと思ってもらえるように明るく振る舞ったが、蛍の病状は悪化の一途で、高校に行くことができなくなった。

さらに容体はさらに悪くなり、花音と英治はとうとう、蛍の自殺ほう助をすることになった。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第39話 蠱惑的な共犯者

英治の助けの元、蛍は例の桜の木の下で命を絶った。

その後、この件は自殺ということで処理され、真相は闇の中へ葬られたかのように思われたが、実は事件の目撃者がいたのだった。

バレてしまったことで、英治は両親に自分の罪を告白。そして一家そろって心中を決行した。

唯一生き残った英治も、花音の目の前で屋上から飛び降りて命を絶ってしまった。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第40話 蠱惑的な目撃者

バードウォッチングで山を訪れていた桐太とケロッピーは、偶然双眼鏡で事件現場を目撃してしまう。

桐太は犯人を捕まえようと言ったが、ケロッピーは危険なので逃げることを強く訴えた。

その後桐太は、彼女の亜里子に自分が目にしたことを洗いざらい告白した。

すると彼女は法律に従うべきだと桐太にアドバイスし、警察に通報することにした

だがその後、桐太は六本木心中のことを知り、自分のしたことは果たして本当に正しかったのかと苦悶することに。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第41話 蠱惑的な悪女

六本木心中後、花音はすべてを失い無気力になっていた。

「過去を手放すように」という美雨の助言を聞かず、花音は桐太たちの現在の姿を探しに行った。

桐太たちが花音のように罪悪感で苦しんでいることを期待したが、桐太は彼女の亜里子たちと無邪気に笑っていた。

このことがきっかけで、花音は復讐の悪女(おに)となった

それから彼女は美雨に黙って桐太と亜里子の隣に引っ越し、彼らに残酷な復讐を仕掛けていった。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第42話 蠱惑的な復讐

花音の目的は、目撃者である桐太と島袋、そして彼らの家族を殺し、亜里子を生き地獄に落とす事だった。

桐太だけでなく、花音は島袋にも近づき、そして友達になっていた。

島袋の両親を「殺す」ために、花音は父親の浮気相手であることを装い、二人を争わせたのだという。

さらに桐太の原付に仕掛けをし怪我をさせたことを告白。

桐太が花音の勤める病院に入院したことで手が出しやすくなり、心も体も弱っていた彼に付け入ることができたのだった

同時進行で、桐太と別れ精神的に不安定になっていた亜里子にも花音は取り入っていた。

桐太は、島袋、亜里子、そして自分の家族が花音の手にかかってしまったかもしれないことを思って涙を流した。

だが実は、川に飛び込んだ亜里子は美雨らによって救助され、一命をとりとめていたのだった。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第43話 蠱惑的な赤子

美雨に助けられた亜里子は、彼女との会話の中で、依存関係を脱して信頼関係で人と繋がりたいと胸中を告白。

そして二人は連れ立って桐太を探しに出かけた。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』第44話 蠱惑的な結末

花音は桐太の首を吊るため、彼の立っている椅子を今にも蹴ろうとしていた。…しかし、彼女はどうしても椅子を蹴ることができない。

そんな花音を見て桐太は、今まで自分に向けられてきた彼女の言葉や優しさは嘘とは思えなかったと言葉をかける。

桐太への偽りの愛情は、いつしか花音の中で本物の感情へと変化を遂げていたのだった。

亜里子と共に現場にやって来た美雨は、花音に島袋や桐太の家族が無事であったことを報告し、やり直そうと花音に告げる。

しかし罪悪感に苛まれた花音は救いの手を振り切って、崖から身を投げてしまった。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』最終話 隣の悪女

花音の身投げ後、捜索隊がやって来たが花音を見つけることはできなかった。

島袋、亜里子、桐太らは花音を憎むどころかむしろ彼女に感謝していたので、警察に真実を話すことはなかった。

その後、島袋は児童養護施設の職員となり身を捧げ、亜里子は超人気占い師である美雨の秘書となった。

桐太の家族も花音のせめてものお詫びで借金を返済してもらっていたので、生活は前より楽になった。

桐太自身は教師になり、それなりに充実した日々を送っている様子だが…。

柴山さん
柴山さん
ラストシーンはとても衝撃的でした!ぜひご自分の目でお確かめください!

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』最終巻5巻の感想!

柴山さん
柴山さん
サスペンス調のスリリングな作品だったから、最終巻の急展開にはたまげたね。花音ちゃんは関わった者を滅ぼす悪女のはずなのに、なぜか最後にはみんなから感謝されているという…。

猫田さん
猫田さん
心理描写とか感情とかしっかり描かれていて、自分的には結構好きな作品かも。
柴山さん
柴山さん
そうだね。個人的には依存体質の亜里子に感情移入しちゃったな。私自身もそういう部分があるから。花音ちゃんって、何だかんだ人の痛みがわかるから、根本の部分はとても優しい子なんだろうね。
猫田さん
猫田さん
うん、タイトルと違って、実は悪女が一人も登場しないマンガだよね。
柴山さん
柴山さん
っていうか、むしろ誰にでも「悪女」の部分があるんだけど、根っからの悪女っていうのは存在しなくて、花音ちゃんのように誰にでも救われる機会はあるってことだと思うな。
猫田さん
猫田さん
うーん、なるほどね。あと、ここのあらすじでは触れていなかったけど、意外な登場キャラがご存命だったのはちょっとホッとしたわ。
柴山さん
柴山さん
だね。花音ちゃんのラストも、「おーこうきたか!」って思ったわ。桐太の1巻の独白が何だかヤバそうだったけど、いやいやとんでもないわ~って感じ!

猫田さん
猫田さん
シリアスでしんどい内容だけど、何か辛いことがあったときに読み返したくなりそうな作品かも。
柴山さん
柴山さん
あ~わかる!逆に何か元気出そうだよね。

『隣の悪女』5巻を試し読みする♪

『隣の悪女』をお得に読めるおすすめ電子書籍サイトをご紹介!

おすすめ電子書籍まとめ

マンガだけでなく動画もたくさん楽しみたい人、雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

U-NEXTで『隣の悪女』を読む♪

とにかくたくさんの種類のマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『隣の悪女』を読む♪

とにかくお得にマンガを楽しみたい人、雑誌もたくさん読みたい人、フジテレビの番組が好きな人には「FOD」がおすすめ♪

FODで『隣の悪女』を読む♪

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

※情報は2019年9月現在のものです。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認お願い致します。