未分類

ぼくはイエローでホワイトでちょっとブルーを電子書籍で一部無料で読めるサイトを紹介!

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルーを お得に読む方法!

猫田さん
猫田さん
 2019年本屋大賞ノンフィクション大賞を受賞した話題作です!!

柴山さん
柴山さん
イギリス生まれの早熟な息子さんの中学生活が描かれています。人種、階級、ジェンダーなど、学生生活を通して作者と息子さんはたくさんのことを学びます。時に苦くシリアスですが、辛い現実に負けない息子さん世代のしなやかな強さに勇気をもらいます!


無料で『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を試し読みする!

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読むのにどの電子書籍サイトがおすすめ?

柴山さん
柴山さん
以下、私のおすすめの電子書籍サイトをご紹介します♪

サイト名 特徴
U-NEXT
  • 月額料金は月額料金1990円だが、31日間無料トライアルできる
  • 約20万冊の電子書籍を配信中
  • U-NEXT会員になると600ポイントもらえる
  • 対象の雑誌70誌が読み放題
  • 映画、ドラマ、アニメなど対象の動画約14万本が見放題
  • 退会してもポイントで購入したマンガを読むことができる

U-NEXTの詳細はコチラU-NEXTの月額料金や評判は?有料登録するなら月初めがおすすめの理由

eBookJapan
  • 50万冊以上の電子書籍を配信中
  • 新刊予約」機能を使えば発売日に自動購入できる
  • 会費無料で利用できます!
  • Yahoo!プレミアム会員になりキャンペーンにエントリーするとPaypayボーナスがたっぷりもらえる!(特典の一例:最大30%相当のポイントが獲得できる等)
猫田さん
猫田さん
それぞれ違った良さがあるね。以下、それぞれのサイトがどんな人におすすめなのかまとめてみたよ♪

マンガだけでなく動画もたくさん楽しみたい人雑誌もたくさん読みたい人には「U-NEXT」がおすすめ♪

U-NEXTなら無料期間中に600円分のポイントがもらえます!

U-NEXTで『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読む♪

 

とにかくたくさんの種類のマンガを読みたい人には「eBookJapan」がおすすめ♪

eBookJapanで『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』を読む♪

※2019年10月現在の情報です。最新の情報はそれぞれの公式サイトでご確認ください。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』のあらすじと感想を紹介♪

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』は、今の世界について考える上で欠かせない、大切なことが詰まった一冊だと思います。

このエッセイには、ブレイディさんがイギリス生活(ブライトン)で体験したことが書かれているのですが、主に、アイルランド人の旦那さんとの間にできた息子さんの学校生活について描かれています。

息子さんは14歳なのですが、とても大人びていて、自分の頭でしっかり物事を考えているところが立派だなと思いました。

この息子さんは常に周囲のことをよく観察していて、感じたこと・考えたことを両親に伝えて議論して、自分なりに考えを深めているところが物凄く成熟しているなと思いました。

子どもがぶつけてきた言葉を、親が一緒になって同じ目線で考えているところもすごく良いです。

息子さんは、ブレイディさんが保育士として働いていた「保育所」を卒園した後は中流家庭の子どもたちが通うカトリックの小学校に入学したそうです。

そこに通う生徒たちは人種や国籍もバラバラだったそうですが、皆中流家庭の子どもで経済格差もなく、あまり問題はなかったそうです。

でも、小学校を卒業した後は、息子さんの希望で、地元の公立中学に入学します。

その中学校は昔は荒れていたのですが、校長が代わってからスクールランキングを上げるために頑張るようになり、勉強だけでなく部活動にも力を入れるようになったそうです。

でも、その学校の生徒は中流家庭の子ばかりとは限らず、息子さんは今まで遭遇したこともない子供たちと出会います。

柴山さん
柴山さん
とても素敵な一冊でした!「他人の靴を履いてみること」という英語の慣用句が本書のキーワードになっているのですが、私も「他人の靴を履いて」考えられる人になりたいと思いました。
猫田さん
猫田さん
息子さんのクラスメイトもキャラが強烈で、喧嘩したり傷つけあったりしながら成長していく様子に胸が熱くなります!